今月のてるてる塾は、「行政書士のための不動産登記簿の読み方」です。

来週の水曜日は、29回目の「てるてる塾」です。

内容は、東京司法書士会所属の司法書士野村政史先生による「行政書士のための不動産登記簿の読み方」です。

<てるてる塾 第29回研修会「行政書士のための不動産登記簿の読み方」開催のご案内>

1.日 時:平成30年1月10日(水)18:15分~20:15(受付開始:18:05)

2.会 場:かながわ県民センター301会議室(横浜駅西口下車 徒歩5分)「地図」 
11-09-08-01
(かながわ県民センター)

3.題 目:「行政書士のための不動産登記簿の読み方」

---

Ⅰ 不動産登記簿謄本と不動産登記事項証明書

Ⅱ 不動産登記事項証明書の種類
1 全部事項証明書
2 現在事項証明書
3 一部事項証明書(=何区何番事項証明書)
4 所有者事項証明書
5 閉鎖事項証明書

Ⅲ 表示に関する登記と権利に関する登記
1 表示に関する登記
2 権利に関する登記

Ⅳ 表題部(敷地権付き区分建物を除く)
1 土地の表題部
2 普通建物の表題部

Ⅴ 権利部(甲区・乙区)
1 順位番号
2 登記の目的
3 受付年月日・受付番号
4 権利者その他の事項
5 付記登記について
6 共同担保目録

Ⅵ 敷地権付き区分建物に関する登記
1 区分建物の意義
2 敷地利用権の意義
3 敷地権の意義
4 敷地権付き区分建物の意義
5 敷地権付き区分建物の表題部
6 敷地権付き区分建物に関する登記の効力
7 敷地権付き区分建物の所有権保存登記

Ⅶ 登記簿で見かけたら注意すべき登記
1 甲区に差押えの登記がある場合
2 甲区に仮差押えの登記がある場合
3 甲区に処分禁止の仮処分の登記がある場合
4 譲渡担保による所有権移転登記がある場合
5 仮登記担保がある場合
6 買戻し特約の登記がある場合
7 「代位弁済」を原因とする抵当権移転登記がある場合/根抵当権の元本確定の登記のあとに、「代位弁済」を原因とする根抵当権の移転登記がある場合
---

4.講 師:司法書士(東京司法書士会)野村 政史 先生

5.定 員:60名 ※先着順です。(一部の座席が、3人掛けとなる場合があります。)

6.研修料:2,000円(当日徴収)

7.懇親会:3,000円(当日徴収)

参加ご希望の方は、

研修会のお申し込み  <研修会お申し込みのメールフォーム>) または、メール(info@teruterujyuku.com) 若しくはFAXに、以下の内容をご記入のうえ、お申し込み下さい。

---------

1、お名前

2、支部名(行政書士の方のみ)

3、連絡先(メールアドレスまたは電話番号)

4、懇親会 参加する・参加しない(どちらかを削除して下さい)

---------

研修会お申し込みのメールフォーム>


★お申込をされていなくても、お席に余裕があれば参加できます。てるてる塾事務局まで、お問い合わせ下さい。

連絡先:てるてる塾事務局 行政書士 小川恵一
横浜市南区弘明寺町字前田185-18
TEL:045(713)9237
FAX:045(306)5776

研修会お申し込みのメールフォーム>

ホームページ:http://teruterujyuku.com/

てるてる塾は、法律事務手続きの専門家養成(キャリアアップ)を目指すと同時に、 各分野の専門家間の人脈構築をお手伝いすることで、社会に貢献することを目的とし、 営利目的や政治・宗教の組織に属していない任意団体で、会員制の組織でなく、入会金も年会費も不要です。