ドラマ「無理な恋愛」(主演:堺正章)を観て

久しぶりの更新となってしまい、酷暑の8月も最終週、来週からは9月、秋が近づいてきました。

さて、先日ドラマの「無理な恋愛」(主演:堺正章)11話全部を、一気に観てしまいました。

60歳の還暦を迎えた男性が、25歳年下の女性に恋する物語で、2008年4月にフジテレビ系で放映されたそうです。主題歌は、主役の堺正章が歌う「忘れもの」です。

音楽の方は聴いていたのですが、ドラマの方は全く知りませんでした。

実際に観てみると、地味ではあっても、なかなか味があり、感動のラストに涙しました。

ドラマ中のセリフで、「君に恋してもらえるような男になろうと思う、時間が掛かっても、いつかそうなれるように、生まれ変わろうと思う。」...このセリフ、感動しましたね。

ドラマの設定どおり、ある程度の年齢がいっていないと、なかなか言えない言葉だと感じました。

ドラマですから、ハッピーエンドで終わるのですが、自分が本音で物事を言え、また相手の言うことに聞き耳を持てる余裕のある関係っていうのは、あこがれますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村