時よもどれ!

 今日も、”転ばぬ先の遺言相続”という題目からは、はずれてしまい、ゴメンです。 

 台風23号の通過から一夜が明け、被害の大きさが、繰り返しテレビ等で報道されています。

 町ごと水没した所、大航海時代の難破船のごとくの「海王丸」、脱線転覆した列車、道路があったとされる場所、それらをテレビで見るにつけ、本当に一夜の出来事だったのだろうかと、時よ戻れと思わざるにはいられません。

 はっきり言って、こんなの普通じゃないですよね!

 私の住む横浜でも、浸水や崖崩れ等で大きな被害が出たとのこと、自然には謙虚に接しなければいけないと、改めて強く思いました。

 ...と、同時に、水没したバスの屋根に乗り、励まし合いながらながら一晩を過ごした高齢者のお話を聞くと、やはり最後は人間の力が大切なんだとも感じました。

 報道や、米海軍の台風予報サイトでは、来週にも次の台風が襲ってくる可能性があるやに聞きます。

 万が一やってきたとしても、こんどこそ、被害が無く、やり過ごすことが出来ないだろうかと思います。
 
【てるてる行政書士事務所】