自筆証書遺言の迫力

自筆証書遺言の良いところですが、お金が掛からないとか、いつでも好きな時に書けるとか、幾つかあります。

...で、私が思うに、自筆証書遺言の一番良いところは、自分の文字で、自分の文書を書けるってところです。

当たり前と言ってしまえばそうですが、どうしても雛形的な部分が多くなってしまう、公正証書遺言が勝てない部分です。 

これまで、様々な自筆証書遺言書を拝見させて頂きましたが、その度に、”書かれた方の迫力”が伝わってくる感じがして来ました。

特に、遺言書チエックなどで、遺言書を書かれた方を面前にして、拝見させて頂く時など、面前に座られた遺言者が、穏やかそうな雰囲気の方であってもです。

やはり、ご自分のことを、ご自分の言葉で、せつせつと書かれた文書には、もの凄い迫力があります。

他人には、真似の出来ないものだと思います。

実際に、相続人が遺言書を目にするに至ったとき、他人に書いて貰った文書でなく、ご自身の考えを直接書かれたものは、やはり伝わり方が違うと思います。

その分...って訳ではありませんが、感情や思いが先に行ってしまって、法律で定める要件、例えば日付の記入を忘れてしまい、せっかくの遺言書が使えないって場合も、結構目にしました。

自筆証書遺言、書かれた方にとっては、ご自分の全てを表現されたのかも知れず、他人に見せるってのは抵抗がある方もいらっしゃると思います。

それでも、せっかく書いた遺言書を無駄にしないために、お近くの専門家に見て貰うことをお薦めしていますし、私の事務所でもお請けしていますので、お気軽にお声がけ下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村