自宅での公正証書遺言を作成するには、どうすれば?

  ネットで検索すると、山ほど検索結果が出てくるタイトルですが、実際に、私の事務所でも数多くご依頼を頂き、実際に公証人・証人と一緒に遺言者様のご自宅にうかがい、作成のサポートをさせて頂いています。

実際には、最初の打合せ、遺言書案の確認、公証人・証人と連れだってご訪問する署名日の、都合3回程度のご訪問が必要になります。

最初の打合せのでは、遺言者様の遺言内容のヒアリングから始まり、様々な資料の確認、必要書類へのご署名押印などで、概ね2時間程度の時間を頂いています。

2回目の打合せでは、遺言書案の内容確認で、ここでOKとなれば、最終的な遺言書文の作成となり、3回目のご署名日で、遺言公正証書の完成となります。

私の事務所にご依頼を頂いた場合、こんな感じで進んで行きます。

12月に入り、寒い日が続いていますので、体調を崩されている方も多いと思います。

私の事務所では、これまでの経験を活かし、迅速に対応していますので、まずは、お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ