夫が妻に全財産を相続させるって公正証書遺言のお手伝いの行政書士報酬

てるてる事務所では、公正証書遺言作成のお手伝いの行政書士報酬、これまでの一律額から、その内容によって、必要額を加算する方式に改定しました。

例として、夫が妻に全財産を相続させようとした場合ですが、相続財産が3000万円までの場合でしたら、

行政書士報酬    35,000円(税抜)
員数加算           0円(税抜)
関係加算(妻)        0円(税抜)
財産額加算          0円(税抜)
----------------------
行政書士報酬      35,000円(税抜)となります。

次に、同様に、夫が妻に全財産を相続させようとした場合で、妻が夫と同時または先に死亡した場合は、その長男に相続させようとする場合

行政書士報酬   35,000円(税抜)
員数加算(1人) 15,000円(税抜)
関係加算(子供) 10,000円(税抜)
財産額加算         0円(税抜)
----------------------
行政書士報酬   60,000円(税抜)となります。

そのほか、戸籍謄本取得等の実費、証人2名の報酬、公証役場の手数料が必要になります。