事業仕分けの結果...解散

 まだ幾分、鼻声ですが、風邪の方は、収束に向かっているようで、ほっとしています。

 さて、先日ある独立行政法人に行ったのですが、事務所は引っ越しの真っ最中で、大きな部屋の半分は、すでに空っぽになっていました。

 職員の方の説明によれば、先の事業仕分けにより、その独立行政法人の受託業務が競争入札の対象となり、入札の結果、一般企業に業務をとられてしまい、やる業務が無くなったので、解散となるのだそうです。

 事業仕分けなんて、テレビの向こう側の世界だど思っていましたが、実際の現場を目の当たりにすると、良くも悪くも、大変な事をしているんだと、いまさらに感じました。

[てるてる行政書士事務所]