一杯のお茶

 暦は6月に変わり、今週は月・火と役所周りで一日が終わってしまい、今日も午後から会議出席の他で、一日が終わってしまいそうです。

 この役所周り、既に30年近くやっている計算ですが、はるか昔に比べて、役所の窓口対応は良くなっています。

 ただ、昔だって一概に悪かったかと言えば、そうなことはなくて、人や役所全体の雰囲気によってだったと思います。

 随分と昔の話ですが、昼飯の時間は休憩ということで窓口は閉まってしまい、役所内の電気も消されていた時、午後の受付が始まるのを待っていた、私を含めた数人に、職員がお茶を出してくれた事がありました。

 細かい事を言うと、本当は?なのかもそれませんが、真冬の寒い中という事もあり、職員の方の心遣いだったのだと思います。

 私自身、忙しさに追われて、つい尖った気持ちで依頼者に対応してしまうこともあり、後から、しまったと思う事があります。

 昔味わった一杯のお茶、ただのお茶ではありますが、人から頂いた心遣いを忘れないようにしたいと思います。

[てるてる行政書士事務所]