イライラ・カリカリ

 先日、ある地方の路線バスに乗りました。

 関東地方でも、子育てのしやすい都市と言われている所です。

 私は、バスの運転手さんに向かって、「おねがいします」と言いながら、料金を支払ったのですが、若い運転手さんは知らん顔!

 バスが走り出すと、なぜか乱暴な運転で、目の前に座った、高齢者の女性と目が合う始末。

 横に座った青年は、”チェ”って音をだしながら、運転台の方に、ガンを飛ばしています。

 ...バスの中は、何となくヘン!な感じで、早く目的地に着かないかなぁ~という雰囲気で一杯になってしまいました。

 ...それでも目的地に無事に着き、ほっ。

 今度は帰りのバスですが、違う運転手さんでホッ!

 ところが、この運転手さんも、イライラ・カリカリって感じで、急停車に急発進です。

 このバス会社の特性なのか、お天気の影響なのか、何なのかわかりませんが、楽しみながら仕事をしてるという感じは全くありませんでした。

---

 以前、ある地方の路線バスに乗ったとき、 「この先、揺れますからご注意ください」、「動きますから、つかまってください」、その時々適切に乗客に声をかけながら、ワンマンバスを器用に運転する運転手さんに、関心したことがありました。

 同じ職業でも、その人、その人で、随分と違うものだと思いました。

---

 振り返って私自身、余裕が無い時などにお電話を頂いたりして、失礼な応対をした事がありました。

  ゴメンナサイです。
 

[てるてる行政書士事務所]