すぐには使えない遺言書 part.3

以前に比べて、相続手続きに関する書籍が多数発行されていることもあり、豊富な知識をお持ちの方も多くなったと思います。

そんな中で、お客様から、万が一の時は、直ぐに使える遺言書が欲しいのですが?...って、ご相談を頂いたとしたら、どうお答えしたら良いでしょうか?

公正証書遺言でしたら、自筆証書遺言に比べて、検認手続きがない分、使う先にもよるかも知れませんが、理屈の上では早く使える可能性があり、公正証書遺言の方が早いかも知れません。

それでも、どうしても一定の時間が掛かってしまい、それまでは、法務局や金融機関での手続きを進めることが出来ません。

少なくとも、一週間くらいは! なぜでしょうか?

書籍等でも、あまり具体的には書かれていないので、意外な落とし穴なのかも知れませんね。

↓ ポチッとおねがいします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村