妻に相続させる遺言

 先日の”行政書士は見た”のテレビ放送でも、子供がいない夫婦が遺言書を書くことが増えていると、行政書士の方が話していました。

 今更の話ですが、なぜ子供がいない夫婦の場合に、妻に全財産を相続させるには、遺言書を作成する必要があるのかを、あらためて考えてみたいと思います。

 まず、遺言がない場合は、遺産は法定相続分で分けることになります。

 子供がいない場合
 妻:3分の2 夫の両親(直系尊属):3分の1
 夫の両親(直系尊属)が死亡していれば
 妻・4分の3 夫の兄弟姉妹(死亡の場合はその子供):4分の1
..の割合で分けなければなりません。
(昭和56年1月1日以降に相続開始の場合)

 ここで”妻花子に全財産を相続させる”遺言がある場合、かの有名な遺留分の話が出ます。

 遺留分権利者は、相続人のうち、兄弟姉妹を除く相続人であるとされていますから、夫の両親(直系尊属)には遺留分がありますが、夫の両親(直系尊属)が死亡していれば、兄弟姉妹には遺留分がありませんし、兄弟姉妹が死亡していても、その子には遺留分がありませんから、遺言どおりの相続が出来る訳です。

 特に、夫婦それぞれが、夫の財産は妻に、妻の財産は夫にと、別々の遺言書を作成するケースが多いように思います。 

 実際、このようなケースのご相談を頂きます。

【てるてる行政書士事務所】