遺言の必要性

 「うちは、たいした財産もないし、俺に万一の事があっても、子供たちは妻に協力してくれるだろう!」...なんて話しを良く聞きます。

 確かに、そういう、家族仲の良いお家もたくさん有るとは思いますが、実際に遺産整理手続きを始めて、相続人全員から印鑑を頂くとなると、そう簡単にはいかないってのが、実際です。

 例えば、郵便貯金にしても、相続人全員に印鑑がなければ相続手続きが出来ませんから、どうしても相続人全員に財産を開示して、その上で、金融機関の書類や、遺産分割協議書などの必要書類に署名押印を頂くことになり、相当な手間と時間が必要になります。

 特に、子供から見て、予定外の相続人?がいたりすると、それこそ大変なことになります。

 わずかな財産しか無いから大丈夫と思わずに、保険を掛けているつもりで、自筆証書遺言でも、出来れば公正証書で、お作りになっておかれることを、お勧めします。 

[てるてるjp てるてる行政書士事務所]